待望のrekordbox・Serato DJ Pro両対応4ch DJコントローラー Pioneer DJ DDJ-FLX6 間も無く発売開始です!

Pioneer DJ DDJ-FLX6

Flex Your Boundaries

Pioneer DJ DDJ-FLX6は、新たに搭載された「MERGE FX」機能により、ミックスが難しい全く異なるジャンル、BPM、KEYの楽曲同士でも、ダイナミックなミックスを実現します。またJOG CUTTER機能を使えば、JOGの回転方向を切り替えるだけでまるでプロがパフォーマンスしているようなスクラッチ音を奏で、楽曲にアクセントを加えることができます。さらに、CDJ-3000と同じサイズの大型ジョグを搭載しているので、ピッチベンドやスクラッチ操作がスムースに行えます。

DDJ-FLX6にはジャンルの枠を超えたDJミックスを実現するMERGE FXを搭載

新しいMERGE FX機能では、複数のエフェクトやサンプルを1つのノブでコントロールすることができます。ビルドアップやブレイクダウンを作り出し、異なるBPMやキーを持つまったく違ったジャンルの楽曲を大胆にミックスすることが可能です。

MERGE FXの使い方

Pioneer DDJ-FLX6 MERGE FXボタン使い方1お好みのMERGE FXを選択しノブを押す
  1. お好みのMERGE FXを選択し、ノブを押す
    楽曲の雰囲気に合わせてエフェクトを選択し、MERGE FXノブを押します。
Pioneer DDJ-FLX6 MERGE FXボタン使い方2MERGE FXノブを回す
  1. MERGE FXノブを回す
    現在再生中の楽曲にエフェクトがかかります。ノブを回す操作に合わせて、エフェクトやサンプル音・オシレーター音の効果が変化し、直感的にビルドアップやブレイクダウンを加えることができます。
Pioneer DDJ-FLX6 MERGE FXボタン使い方3ノブを押してMERGE FXをオフにし次の楽曲をプレイする
  1. ノブを押してMERGE FXをオフにし、次の楽曲をプレイする
    再びMERGE FXノブを押すと、再生中の楽、エフェクト音、およびサンプル音・オシレーター音にリリースFXがかかり、一定時間が経過した後に別のサンプル音が再生されます。お好みのタイミングで次の楽曲の再生を開始してください。
Pioneer DDJ-FLX6 MERGE FXはカスタマイズ可能なエフェクト組み合わせパターン
  1. エフェクトの組み合わせはカスタマイズ可能
    エフェクトやサンプル音を組み合わせることで9,000種類以上のエフェクトパターンを作成することができます。作成したエフェクトパターンを保存し、MERGE FX SELECTボタンにアサインしておけば、プレイ中に瞬時に呼び出してミックスにオリジナリティと彩りを加えることができます。

DDJ-FLX6には直感的で大胆なパフォーマンスを可能にするフルサイズジョグを搭載

PioneerDJDDJ-FLX6ジョグホイールの画像

DDJ-FLX6にはPioneer DJのクラブ・スタンダードモデル、CDJ-3000と同じサイズの大型ジョグを搭載しています。ピッチベンドやスクラッチ操作がスムースに行えます。ジョグの中央部に配置されているON JOG DISPLAYで楽曲の再生位置情報を確認することができるため、直感的な操作が可能になります。

DDJ-FLX6は自在なDJプレイを可能にするrekordboxとSerato DJ Pro両対応のプラグ&プレイ

PioneerDJrekordboxとseratodjproのロゴ画像

DDJ-FLX6はサウンドカードを内蔵しており、rekordboxのDJ PERFORMANCE機能とSerato DJ Proに対応しています。有料サブスクリプションプランを契約する必要がなく、本機をどちらかのソフトウェアが起動しているPC/MacにUSBケーブルで接続するだけですぐにDJプレイを始められ、どちらのソフトウェアを選択しても、豊富な機能でクリエイティブなプレイを楽しむことができます。

DDJ-FLX6のデモンストレーションムービー

DDJ-FLX6のデモンストレーションムービーはこちらから

DDJ-FLX6のメーカーサイト

さらに詳細はこちらのメーカーサイトからご確認いただけます。

DDJ-FLX6の購入ページはこちら

PioneerDJDDJ-FLX6真上からの画像
Pioneer DDJ-FLX6