RPS Effectsからギターサウンドを8ビットサウンドに変換出来るエフェクター「BIT REACTOR」発売開始

RPS Effects BIT REACTOR

ペンシルバニア州ピックバーグのエフェクターブランド「RPS Effects(アールピーエスエフェクツ)」から8ビットサウンドが作れるダウンサンプラー「BIT REACTOR」が発売開始されました。

BIT REACTORについて

RPS Effects BIT REACTORは、ビットクラッシャー、ダウンサンプラーです。プログラムやDSPを使用せず、ソフトウェアを使用しないハードウェアでシグナルをデジタル化し、様々なシグナルをデジタルの塊にクラッシュさせます。人類はアナログの世界に生きていますが、現在多くのメディアはデジタルにあります。リアルワールドのシグナルを0と1で構成された世界で再現しています。

BIT REACTORの使い方

現代の電子機器は、アナログシグナルのクリアなコピーをデジタルで再現するための十分な処理能力を備えています。一方、BIT REACTORはその処理能力を取り外したときに何が起こるかを見せてくれます。ヴィンテージゲームマシンの栄光を思えば、そのサウンドのアイディアを浮かべることができるでしょう。Crushノブを囲む8つのLEDはそれぞれビットを表します。ノブを時計回りに回せばビットが増え、LEDが点灯します。ビットを減らすと軽い歪みから強力なクリップがかかる矩形波の歪みまで、デジタルならではの歪みをつくることができます。極端なファズやグリッチ、ゲートなどが生まれます。

Sampleコントロールはさらなるカオスを生み出します。オーディオマニアが数週間うなされる悪夢のようなロービットレートシグナルを作ります。このノブはエクスプレッションペダルで制御することもできます。

Levelコントロールはアウトプットボリュームです。Crushセッティングによる音量の変化を補正します。例えば1ビットに設定すると歪みが強くなり音量が大きくなります。そんなときにLevelノブで音量を補正することができます。

エクスプレッションペダルインプットはSampleノブをコントロールするエクスプレッションペダルを接続します。エクスプレッションペダルは10kオームのポットが最も適しています。エクスプレッションペダルの接続や取り外しはペダルの電源を切ってから行ってください。エクスプレッションペダルが正常に動作しないときは電源を取り外し、ペダルをリセットします。

BIT REACTORのスペック

ビット震度:1~8bit

サンプリング周波数:800Hz~20kHz

インプットインピーダンス:1MΩ

アウトプットインピーダンス:1kΩ

EXPインプット:TRSステレオ端子(T=in、R=5v、S=GND)

電源:センターマイナスDC9Vアダプター(2.1mmバレルタイプ)、60mA

スイッチ:トゥルーバイパス

サイズ:11.9×9.4×5.6cm

種類:ノイズ、ビットクラッシャー

アダプター:9Vセンターマイナス

電池駆動:-

コントロール:Level、Crush、Sample

BIT REACTORの購入はこちらから

RPS Effects BIT REACTOR ギターエフェクター

RPS Effects BIT REACTOR ギターエフェクター