お好みで探せる!ベース弦カタログ〜「D’Addario:ダダリオ」編

ダダリオ ベース弦カタログ
「ダダリオ:D’Addario」のベース弦を紹介!

ギタリスト・ベーシストともに、定番として認識されている弦ブランドのひとつ「ダダリオ:D’Addario」。唯一無二といえる煌びやかな高音域にファンが多く存在しています。

当記事では「自分のベースにはどの弦が合うんだろう?」という方のために、材質やスケール、そしてゲージなどの条件で絞りこめるベース弦フルカタログとしてご紹介していきます。

スタンダードなニッケルの「XL」、深い低域が特徴的な「PRO STEEL」、芯弦にNY STEELを採用した「NYXL」など、豊富なラインナップから自分に合うモデルを探してみてくださいね。

この下に表示されている目次から商品にダイレクトにアクセスし、そのまま購入することもできますよ!

【XL】 〜これぞダダリオサウンド! 定番のニッケル弦

ベーシストなら一度は通った道かもしれないスタンダード弦。最大の特長はそのきらびやかな高音域。アンサンブルの中で聞こえやすい豊かな倍音で弾き手が気持ちよくなれるニッケル弦。なめらかな手触りでフィンガリングもしやすい。またリーズナブルなのもオススメポイント。

《 EXL170 REGULAR LIGHT(.045-.100) 》

EXL170 REGULAR LIGHT(.045-.100)
ピンクのパッケージが目印!

4弦用(副弦用含む)

5〜6弦用

《 EXL165 REGULAR LIGHT TOP-MEDIUM BOTTOM(.045-.105) 》

EXL165 REGULAR LIGHT TOP-MEDIUM BOTTOM(.045-.105)
グリーンが目印!

4弦用

5〜6弦用

《 EXL160 Medium(.050-.105)》

EXL160 Medium(.050-.105)
ミディアムはオレンジ!

4弦用

5弦用

まだまだ探せるダダリオのXLシリーズはコチラから

【XL PRO STEEL】 〜奥深いピアノトーンを実現したスチール弦

XL ProSteel(EPS)シリーズは、ダダリオの弦の中でも磁力が強くXLシリーズよりも高音域に特長のあるベース弦です。 高音域だけでなく低域とのバランスにも優れており、いわゆる「ピアノ・トーン」を実現しています。

《 EPS160 MEDIUM(.050-.105)》

EPS160 MEDIUM(.050-.105)
EPS160

《 EPS165 REGULAR LIGHT TOP-MEDIUM BOTTOM(.045-.105)》

EPS165 REGULAR LIGHT TOP-MEDIUM BOTTOM(.045-.105)
EPS165

《 EPS170 REGULAR LIGHT(.045-.100) 》

EPS170 REGULAR LIGHT(.045-.100)
EPS170

まだまだ探せるダダリオのEPSシリーズはコチラから!

【NYXL】 〜新素材”NY STEEL”を採用した新世代弦

芯弦に「NY STEEL(高炭素カーボン)」を用いることで、従来モデルよりも長いサスティーンとワイドレンジ性能をもたせた最新モデル。チューニングの安定度という副産物も得て、全方位的に進化した高品質が最大のウリ。

《 NYXL45100 REGULAR LIGHT(.045-.100)》

NYXL45100 REGULAR LIGHT(.045-.100)
NYXL45100

《 NYXL45105 REGULAR LIGHT TOP-MEDIUM BOTTOM(.045-.105)》

NYXL45105 REGULAR LIGHT TOP-MEDIUM BOTTOM(.045-.105)
NYXL45105

《 NYXL50105 MEDIUM(.050-.105)》

 NYXL50105 MEDIUM(.050-.105)
NYXL50105

《 NYXLS ダブルボールエンド弦・Steinberger用》

NYXLS ダブルボールエンド弦・Steinberger用
スタインバーガー用のダブルボールエンド弦

まだまだ探せるダダリオのNYXLシリーズはコチラから

【XT】 〜ダダリオが送る最新コーティング弦

XTシリーズは、独自のコーティングを施したことで長寿命化、さらにノンコーティング並のサウンドを両立させている。音程ピッチの安定性向上や耐腐食性などトータルスペックが高い。

唯一無二のサウンドとリーズナブルさゆえの世界基準

代表的なダダリオのベース弦を並べてみましたが、自分の好みのシリーズやゲージはラインナップにありましたか? 

弦選びはとてもセンシティブなものです。ゲージをワンサイズ変えただけでもプレイヤビリティやサウンドはかなり変わりますので、同ゲージの材質違いや同シリーズでのゲージ変更(ナット含むセッティングが必要になる可能性もあります)などを試してみてくださいね。

ここに登場したシリーズ以外にもフラットワウンド弦、ハーフラウンド弦、そしてバラ弦も用意されていますので、自分のプレイに最適なセットを探し当ててみてくださいね!

他にも選べるダダリオのベース弦はコチラ

関連記事

お好みでさがせるアーニーボール・ベース弦カタログ

(執筆&編集:赤坂太一